今は悪魔が微笑む時代なんだ

北斗の拳 審判の双蒼星 拳豪列伝の ジャギ が使用します。

原作では対シン専用の技で、ジャギがシンを唆す場面が再現されます。
MUGENでも、対シン専用技として再現されていますので当然シン以外には使用できません。
ですが、Tsさんのジャギは7P以降のカラーで決定すると、限定条件が解除されて誰にでもこの技を使用できるようアレンジされています。

「何故諦める必要がある? 何を迷うことがある奪い取れ! 今は悪魔が微笑む時代なんだ!」



対応番号等はありませんので、-2ステートを使用して対応します。
特殊ゲージ減少の記述はTsさんがご自身で対応ステートを公開(キャラフォルダに同梱)していますので、そちらをご参照下さい。

anim例

;今は悪魔が微笑む時代なんだ~開始
[Begin Action 13775]
11375,0,0,0,-1

;今は悪魔が微笑む時代なんだ~ジャギ回り込む
[Begin Action 13776]
11376,2,0,0,480

animを2つ登録します。
喰らい判定(青枠)は必要ありません。
ジャギが回り込んだ後、技が終了するまでちょうど480Fです。

↓このステートは喰らう側(自分)の-2のステートに追加して下さい。

;ジャギ「今は悪魔が微笑む時代なんだ」対応ステート
[State ]
type=RemoveExplod
trigger1=numexplod(13775)=1&&((stateno=3006&&time=1)||(stateno!=[3005,3006]))
ID=13775

[state ]
type=Explod
trigger1=!numexplod(13775)&&numenemy
trigger1=enemynear,name="Jagi"&&enemynear,authorname="Ts"&&movetype=H&&(stateno=3005||(stateno=3006&&time=1))
anim=13775+ifelse(stateno=3006&&time=1,1,0)
ID=13775
postype=p1
scale=1,1
pos=0,0
bindtime=-1
removetime=-1
shadow=-1
sprpriority=1

[state ]
type=AssertSpecial
trigger1=numexplod(13775)=1&&numenemy
trigger1=enemynear,name="Jagi"&&enemynear,authorname="Ts"&&movetype=H&&(stateno=[3005,3006])
flag=invisible

[State ]
type=PlaySnd
trigger1=numenemy
trigger1=enemynear,name="Jagi"&&enemynear,authorname="Ts"&&movetype=H&&stateno=3006&&time=415
value=s○,○

↑ここまで

やられ絵を表示するのにexplodを使用していますが、これは開始時とジャギが回り込む時に1F仰け反るのが見えるため、本体を透明にして仰け反るのが見えるのを回避しています。
気にしないで、changeanimでいいよという場合はこちらを使用してください。

[state ]
type=ChangeAnim
trigger1=numenemy
trigger1=enemynear,name="Jagi"&&enemynear,authorname="Ts"&&movetype=H&&(stateno=[3005,3006])&&time=1
value=13775+ifelse(stateno=3006&&time=1,1,0)

あと、ボイスを数回発生したい場合はplaysndを

[State ]
type=PlaySnd
trigger1=numenemy
trigger1=enemynear,name="Jagi"&&enemynear,authorname="Ts"&&movetype=H&&stateno=3006&&(time=1||time=410)
value=sifelse(time=1,5000,1),ifelse(time=1,0,35)

こういう感じでifelseを使うと楽です。

自作キャラの対応

- - -


戻る

TOP

inserted by FC2 system