太陽拳

ドラゴンボールZシリーズのキャラが使用します。
太陽拳で相手の目を眩まします。

対応できる(太陽拳の技を持っている)のは

天津飯~Goten88さん、GohanSSM2さん、Team OSさん、miaoyuさん
餃子~Tomoさん
クリリン~Stig87さん、EmuBoardingさん、Double Bさん
孫悟空~たるせさん、Xande Toskomics & Ribeiroさん、Vixen X and SodonHIDさん

のキャラです。
対応番号はVixen X and SodonHIDさんの悟空のみanim15312の登録で自動対応できます。
他のキャラも対応したい場合、こちらで独自で対応させる必要があります。



このやられは最初チキンハートさんのサイモン、ジェイムズの"目潰しやられ"を見て思いつき対応していたのですが、
後にVixen X and SodonHIDさんの悟空が太陽拳やられアニメとしてanim15312の対応番号があることを知りました。

anim 例

;太陽拳
[Begin Action 15312]
5000,10,1,0,2
Loopstart
5000,10,-1,0,2
5000,10,1,0,2

登録の際、くらい判定(青枠)は必ず付けてください。
対応アニメは目潰しやられと同じモーションでも問題なく対応できると思います。

他のキャラの太陽拳を対応させたい場合は下記の追記も行なって下さい。

↓まずcommonステートに少し追記します。

;HITG_SHAKE
[Statedef 5000]

~内にある

[State ]
type=ChangeAnim
trigger1=Time>0
value=anim

↑このステートコントローラのトリガーを

[State ]
type=ChangeAnim
trigger1=Time>0&&anim!=15312
value=anim

↑このように追記してください。

↓次にこの記述を喰らう側(自分)の-2ステートに追記してください。

;天津飯、餃子、クリリン、孫悟空「太陽拳」対応ステート
[State ]
type=ChangeAnim
triggerall=anim!=15312&&movetype=H
trigger1=(P2name="GokuHR"&&enemynear,stateno=2200&&stateno=5000)||((((P2name="Kurilin by EmuBoarding"||P2name="Crilin by Double B")&&enemynear,stateno=225)||(P2name="TenShinHan"&&enemynear,authorname=""&&enemynear,stateno=2000))&&stateno=5000)
trigger2=(P2name="Krillin"&&enemynear,authorname="Stig87"&&(stateno=[1850,1859]))||(P2name="TenShinHan"&&enemynear,authorname="MiaoYu & wenchu && CHOUJIN"&&(stateno=[1150,1159]))||(P2name="Chiaotzu"&&enemynear,authorname="Tomo"&&(stateno=[1150,1159]))
trigger3=(P2name="Goten88's Tien"&&(enemynear,stateno=2100||enemynear,stateno=2300)&&stateno=5000)||(P2name="SFXVI Goku"&&anim=5300&&stateno=1501)
value=15312

[State ]
type=ChangeAnim
trigger1=P2name="Tien"&&enemynear,authorname="GohanSSM2"&&(enemynear,stateno=[1400,1401])&&stateno=1402&&anim!=15312
value=15312

[State ]
type=PlaySnd
trigger1=anim=15312&&movetype=H&&animelemtime(1)=1
value=s○,○ ←ボイスも発生したい場合はこのステートコントローラも入れ下さい。

↑ここまで
 記述に問題がなければ、該当キャラに太陽拳を喰らうと専用やられになります。

※ GohanSSM2さんの天津飯の太陽拳は喰らい中movetype=Hになっていなかったので、ステートコントローラを分けています。

自作キャラの対応

- -


戻る

TOP

inserted by FC2 system