遭遇システム(ウェンダ、しろひげ、オドロー)

※ 2020/07/01 追記
対応anim番号の変更&-2対応ステートを一新しました。
2020/02/25に更新したものより更に変更があります。

旧版と同時登録しても問題なく動作するようにしています。

※ 2020/02/25 追記
対応ステートを更新しました。
ウォーリー側で表示位置(y座標)を随時変更できるように記述変更しています。

ハルヒの遭遇システムも同様の修正をしております。
すでに対応済みの方は申し訳ございませんが、新しい対応ステートと入れ替えをお願い致します。

ゆ~とはる製作の ウォーリー が使用します。

このウォーリーにはイントロ開始時に対応画像及び対応ステートを登録する事によって、
ウェンダ、しろひげ、オドローのいずれかまたは複数名が「あの子可愛いわね!」的なセリフが表示される演出が発生します。

この演出時のセリフを相手側で自由に専用セリフを表示できます。

同様の演出が超改変版 涼宮ハルヒ高坂桐乃初音ミク・アペンド五寸釘光パンスト太郎
江戸川コナン(まだ未公開)でも発生します。

※ ゆ~とはる製作キャラ全てに同様の対応があります。
次回それぞれのキャラ更新時に随時対応記述公開します。

キャラ毎に対応anim番号と-2追記の対応ステートが異なりますので、それぞれの対応記述を全部登録してください。



相手側のairファイルに198765421~198765426番のアニメを登録して-2に対応ステートを追記すると専用セリフを対応させることができます。

対応の仕方が少し特殊でして、登録したanim番号によってセリフを出すキャラ(喋らせるキャラ)と喋る人数を決めることができます。

 ・ウェンダ
  anim198765421(遭遇システム~ウェンダ 1P側)
  anim198765422(遭遇システム~ウェンダ 2P側)

 ・しろひげ
  anim198765423(遭遇システム~しろひげ 1P側)
  anim198765424(遭遇システム~しろひげ 2P側)

 ・オドロー
  anim198765425(遭遇システム~オドロー 1P側)
  anim198765426(遭遇システム~オドロー 2P側)

 ※ 上記対応animは1P、2P側で座標が違うので必ず2組1セットで登録します。

上記のように登録したanim番号によってセリフを表示させるキャラと数が変更します。

  例 ウェンダのみ表示させる場合、anim198765421&198765422の2つだけ登録する
    しろひげとオドローの2人を表示させる場合、anim198765423&198765424とanim198765425&198765426の4つを登録する
    3人とも表示させる場合はanim198765421~198765426の6つ全て登録する

 複数人分セリフ登録した場合、必ず 1.ウェンダ > 2.しろひげ > 3.オドロー という順番で表示されます。 


登録した分だけ連続表示

まず、相手側のSFFファイルの19876,19051~19053に作成したセリフ文字画像を座標を-74,-177にして登録してください。

 ※ 19876,19051がウェンダ、19876,19052がしろひげ、19876,19053がオドロー用です。セリフを表示させたいキャラの分だけの登録で大丈夫です。
   文字の組み合わせによってy座標を-178にした方が良い場合があります。わかりづらければミクや桐乃のSFFを参照してください。

 ※ セリフ用の文字画像は"遭遇システム"対応素材に同梱されているものをご使用ください。

次に、相手側のairファイルに下記のアニメ番号を表示させたいキャラ分だけコピペしてください。


;遭遇システム~ウェンダ 1P側
[Begin Action 198765421]
9999,9999,0,0,10,,0
19876,19021,0,0,1,,AS50D250
19876,19021,0,0,1,,AS100D200
19876,19021,0,0,1,,AS150D150
19876,19021,0,0,1,,AS200D100
19876,19021,0,0,1,,AS250D50
19876,19021,0,0,100
19876,19021,0,0,1,,AS250D50
19876,19021,0,0,1,,AS200D100
19876,19021,0,0,1,,AS150D150
19876,19021,0,0,1,,AS100D200
19876,19021,0,0,1,,AS50D250

;遭遇システム~ウェンダ 2P側
[Begin Action 198765422]
9999,9999,0,0,10,,0
19876,19021,-288,0,1,,AS50D250
19876,19021,-288,0,1,,AS100D200
19876,19021,-288,0,1,,AS150D150
19876,19021,-288,0,1,,AS200D100
19876,19021,-288,0,1,,AS250D50
19876,19021,-288,0,100
19876,19021,-288,0,1,,AS250D50
19876,19021,-288,0,1,,AS200D100
19876,19021,-288,0,1,,AS150D150
19876,19021,-288,0,1,,AS100D200
19876,19021,-288,0,1,,AS50D250

;遭遇システム~しろひげ 1P側
[Begin Action 198765423]
9999,9999,0,0,10,,0
19876,19022,0,0,1,,AS50D250
19876,19022,0,0,1,,AS100D200
19876,19022,0,0,1,,AS150D150
19876,19022,0,0,1,,AS200D100
19876,19022,0,0,1,,AS250D50
19876,19022,0,0,100
19876,19022,0,0,1,,AS250D50
19876,19022,0,0,1,,AS200D100
19876,19022,0,0,1,,AS150D150
19876,19022,0,0,1,,AS100D200
19876,19022,0,0,1,,AS50D250

;遭遇システム~しろひげ 2P側
[Begin Action 198765424]
9999,9999,0,0,10,,0
19876,19022,-302,0,1,,AS50D250
19876,19022,-302,0,1,,AS100D200
19876,19022,-302,0,1,,AS150D150
19876,19022,-302,0,1,,AS200D100
19876,19022,-302,0,1,,AS250D50
19876,19022,-302,0,100
19876,19022,-302,0,1,,AS250D50
19876,19022,-302,0,1,,AS200D100
19876,19022,-302,0,1,,AS150D150
19876,19022,-302,0,1,,AS100D200
19876,19022,-302,0,1,,AS50D250

;遭遇システム~オドロー 1P側
[Begin Action 198765425]
9999,9999,0,0,10,,0
19876,19023,0,0,1,,AS50D250
19876,19023,0,0,1,,AS100D200
19876,19023,0,0,1,,AS150D150
19876,19023,0,0,1,,AS200D100
19876,19023,0,0,1,,AS250D50
19876,19023,0,0,100
19876,19023,0,0,1,,AS250D50
19876,19023,0,0,1,,AS200D100
19876,19023,0,0,1,,AS150D150
19876,19023,0,0,1,,AS100D200
19876,19023,0,0,1,,AS50D250

;遭遇システム~オドロー 2P側
[Begin Action 198765426]
9999,9999,0,0,10,,0
19876,19023,-302,0,1,,AS50D250
19876,19023,-302,0,1,,AS100D200
19876,19023,-302,0,1,,AS150D150
19876,19023,-302,0,1,,AS200D100
19876,19023,-302,0,1,,AS250D50
19876,19023,-302,0,100
19876,19023,-302,0,1,,AS250D50
19876,19023,-302,0,1,,AS200D100
19876,19023,-302,0,1,,AS150D150
19876,19023,-302,0,1,,AS100D200
19876,19023,-302,0,1,,AS50D250


airファイルでの座標設定ですが、1P側は0,0で問題ありませんが2P側の分は横にずらす必要があります。
数値は簡単に割り出すことができます。

対応画像の横幅サイズ+150分に-を付ければ良いだけです。

 例 対応セリフ画像が横幅133ドットの場合 133+150=283 なので、それに"-"をつけて『 -283 』となります。
(上記ウェンダ2P側は桐乃と同等の数値になっているのでSAE等で桐乃のairを見ればわかりやすいと思います。
※同梱しているサンプル画像と同じものを登録しています。)

   ※ セリフの最後に "!" が付く場合は更に-5した方がいいかもです。この例の場合は -288 です。


2P側に表示用はairで座標をずらします

最後にこちらの記述を相手側のCNSの[Statedef -2]内に


;ウォーリー「遭遇システム(ウェンダ、しろひげ、オドロー)」対応ステート
[State ];セリフ画像~1P側に表示
type=Explod
triggerall=teamside=2&&roundstate=1&&numenemy
triggerall=enemy,name="WHERE'S WALLY?"&&enemy,Authorname="YU-TOHARU"&&enemy,numhelper(7099)&&(RoundsExisted=0||(enemy,RoundsExisted=0&&RoundsExisted>=1))
trigger1=((enemy,var(26)=1987651&&!numexplod(198765421)&&SelfAnimExist(198765421))||(enemy,var(26)=1987652&&!numexplod(198765423)&&SelfAnimExist(198765423))||(enemy,var(26)=1987653&&!numexplod(198765425)&&SelfAnimExist(198765425)))&&!numpartner
trigger2=enemy,var(26)=1987651&&!numexplod(198765421)&&SelfAnimExist(198765421)&&numpartner
trigger2=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765421)=0))
trigger3=enemy,var(26)=1987652&&!numexplod(198765423)&&SelfAnimExist(198765423)&&numpartner
trigger3=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765423)=0))
trigger4=enemy,var(26)=1987653&&!numexplod(198765425)&&SelfAnimExist(198765425)&&numpartner
trigger4=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765425)=0))
anim=198765420+ifelse(enemy,var(26)=1987651,1,ifelse(enemy,var(26)=1987652,3,5))
ID=198765420+ifelse(enemy,var(26)=1987651,1,ifelse(enemy,var(26)=1987652,3,5))
supermovetime=1000
pausemovetime=1000
postype=left
pos=0,enemy,var(0)
sprpriority=9999998
ontop=1
bindtime=-1
scale=.5,.5
ownpal=1

[State ];セリフ画像~2P側に表示
type=Explod
triggerall=teamside=1&&roundstate=1&&numenemy
triggerall=enemy,name="WHERE'S WALLY?"&&enemy,Authorname="YU-TOHARU"&&enemy,numhelper(7099)&&(RoundsExisted=0||(enemy,RoundsExisted=0&&RoundsExisted>=1))
trigger1=((enemy,var(26)=1987651&&!numexplod(198765421)&&SelfAnimExist(198765422))||(enemy,var(26)=1987652&&!numexplod(198765423)&&SelfAnimExist(198765424))||(enemy,var(26)=1987653&&!numexplod(198765425)&&SelfAnimExist(198765426)))&&!numpartner
trigger2=enemy,var(26)=1987651&&!numexplod(198765421)&&SelfAnimExist(198765422)&&numpartner
trigger2=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765422)=0))
trigger3=enemy,var(26)=1987652&&!numexplod(198765423)&&SelfAnimExist(198765424)&&numpartner
trigger3=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765424)=0))
trigger4=enemy,var(26)=1987653&&!numexplod(198765425)&&SelfAnimExist(198765426)&&numpartner
trigger4=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765426)=0))
anim=198765420+ifelse(enemy,var(26)=1987651,2,ifelse(enemy,var(26)=1987652,4,6))
ID=198765420+ifelse(enemy,var(26)=1987651,1,ifelse(enemy,var(26)=1987652,3,5))
supermovetime=1000
pausemovetime=1000
postype=right
pos=0,enemy,var(0)
sprpriority=9999998
ontop=1
bindtime=-1
scale=.5,.5
ownpal=1

[State ];セリフ画像~1P側に表示(相手ウォーリーがタッグパートナー)
type=Explod
triggerall=teamside=2&&roundstate=1&&numenemy>=2
triggerall=enemy(1),name="WHERE'S WALLY?"&&enemy(1),Authorname="YU-TOHARU"&&enemy(1),numhelper(7099)&&(RoundsExisted=0||(enemy(1),RoundsExisted=0&&RoundsExisted>=1))
trigger1=((enemy(1),var(26)=1987651&&!numexplod(198765421)&&SelfAnimExist(198765421))||(enemy(1),var(26)=1987652&&!numexplod(198765423)&&SelfAnimExist(198765423))||(enemy(1),var(26)=1987653&&!numexplod(198765425)&&SelfAnimExist(198765425)))&&!numpartner
trigger2=enemy(1),var(26)=1987651&&!numexplod(198765421)&&SelfAnimExist(198765421)&&numpartner
trigger2=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765421)=0))
trigger3=enemy(1),var(26)=1987652&&!numexplod(198765423)&&SelfAnimExist(198765423)&&numpartner
trigger3=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765423)=0))
trigger4=enemy(1),var(26)=1987653&&!numexplod(198765425)&&SelfAnimExist(198765425)&&numpartner
trigger4=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765425)=0))
anim=198765420+ifelse(enemy(1),var(26)=1987651,1,ifelse(enemy(1),var(26)=1987652,3,5))
ID=198765420+ifelse(enemy(1),var(26)=1987651,1,ifelse(enemy(1),var(26)=1987652,3,5))
supermovetime=1000
pausemovetime=1000
postype=left
pos=0,enemy(1),var(0)
sprpriority=9999998
ontop=1
bindtime=-1
scale=.5,.5
ownpal=1

[State ];セリフ画像~1P側に表示(相手ウォーリーがタッグパートナー)
type=Explod
triggerall=teamside=1&&roundstate=1&&numenemy>=2
triggerall=enemy(1),name="WHERE'S WALLY?"&&enemy(1),Authorname="YU-TOHARU"&&enemy(1),numhelper(7099)&&(RoundsExisted=0||(enemy(1),RoundsExisted=0&&RoundsExisted>=1))
trigger1=((enemy(1),var(26)=1987651&&!numexplod(198765421)&&SelfAnimExist(198765422))||(enemy(1),var(26)=1987652&&!numexplod(198765423)&&SelfAnimExist(198765424))||(enemy(1),var(26)=1987653&&!numexplod(198765425)&&SelfAnimExist(198765426)))&&!numpartner
trigger2=enemy(1),var(26)=1987651&&!numexplod(198765421)&&SelfAnimExist(198765422)&&numpartner
trigger2=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765422)=0))
trigger3=enemy(1),var(26)=1987652&&!numexplod(198765423)&&SelfAnimExist(198765424)&&numpartner
trigger3=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765424)=0))
trigger4=enemy(1),var(26)=1987653&&!numexplod(198765425)&&SelfAnimExist(198765426)&&numpartner
trigger4=(ID<Partner,ID||(ID>Partner,ID&&partner,SelfAnimExist(198765426)=0))
anim=198765420+ifelse(enemy(1),var(26)=1987651,2,ifelse(enemy(1),var(26)=1987652,4,6))
ID=198765420+ifelse(enemy(1),var(26)=1987651,1,ifelse(enemy(1),var(26)=1987652,3,5))
supermovetime=1000
pausemovetime=1000
postype=right
pos=0,enemy(1),var(0)
sprpriority=9999998
ontop=1
bindtime=-1
scale=.5,.5
ownpal=1


↑ここまで

上記4種のステコンを登録して終了です。

※ 自分がタッグ(simul)かつパートナー(P3)の場合、メイン側(P1)もこの「遭遇システム」に対応している(anim198765421~198765426登録&-2追記されている)とP1だけ表示されてP3側は同時に表示されないようになっています。(重複表示をしない)


すべての登録が完了したら、ウォーリーとのイントロ時に登録した分だけ対応キャラの専用セリフが表示されます。

※ セリフはウェンダ、しろひげ、オドローがそれぞれ喋っているという体で作成なさってください。
  上の方でも書きましたが、複数人分セリフ登録した場合、必ず 1.ウェンダ > 2.しろひげ > 3.オドロー の順番で表示されます。 

  また、この遭遇システムに対応するとウォーリー側に"ENCOUNTER SYSTEM"というインフォメーションが表示されます。

※ こちらの遭遇システム(新対応版)は旧版(anim19930229~19930234)と一緒に登録しても問題ありません。対応ステートも別途登録する必要があり、両方登録しても旧版と新版でハルヒ側でそれぞれ対応判定されます。

自作キャラの対応

- - - - - - - - - -


戻る

TOP

inserted by FC2 system